こんにちわ!
サイト運営者のりんごです♪

 

ママ友の息子が、
この漫画「はざまのコドモ」と同じ
知的ボーダーだと聞いたので、思わず手に取って読みました。

一気読みしたので、今回は前半部分をネタバレしちゃいます♪

 

まだ読んでいない人は、
まずはあらすじを読んでみてくださいね~!

はざまのコドモ-あらすじネタバレ一覧

はざまのコドモ-ネタバレ(前半)

1996年9月11日に、
君さんと旦那さんの間にヨシ君が誕生。

 

ヨシ君は、赤ちゃんの頃からずっとよく泣く子供で
静かになるのは、授乳の時のみ。

君さんは、寝れない日々を過ごしていました。

 

生まれて6ヶ月経っても、泣き続け
近隣から苦情が来てしまったことで、
ローンで、防音対策がしてあるマンションを購入することに。

 

環境が変わればヨシ君も変わるはず!
と期待していたものの、ヨシ君の様子は変わらず
寝ないで泣き続ける日々が続いていました。

 

ヨシ君も君さんも寝ない日々が続いていたある日
ヨシ君を旦那さんに見てもらって、安心して寝ると・・・

 

旦那さんがヨシ君の口を塞いでいる!!

ビックリして旦那さんを止める君さん。
二人は限界を感じていました・・・。

医師にも睡眠障害を理解してもらえず・・・

さすがに、これは睡眠障害かもしれないと思い、病院に相談するも

「あなたさぁ…そんなに子供を病気にしたいわけ?」

と医者に言われ、君さんの教育が疑われる始末。

 

悩み日々が続く君さんでしたが、
ついに、幼児の睡眠障害を診てくれる病院を発見!

 

すると、睡眠障害の診断のために
睡眠時間を記録するように、アドバイスされます。

 

保育園にも協力してもらおうとしますが

「お母さん、仕事辞めて家で見守った方が良いんじゃないですか?」

と心無い言葉を言われてしまいます。

 

誰にも理解されない苦しみで、
ついに君さんは、涙を流してしまいます。

 

「かーたん…いたい?いたいねぇ…」
と泣いている君さんを見て、慰めてくれる心優しいヨシ君・・・。

そんなヨシ君のために、頑張ろうと君さんは決心します。

 

そして、ヨシ君は4歳になって
やっとの思いで、睡眠障害の診断が下されます。

 

しかし、睡眠障害はなかなか改善されず
相変わらず、ヨシ君は寝ない日々が続いていました。

その後、ヨシ君は小学校に入学しますが・・・。

はざまのコドモ-感想(前半)

わたしの息子も、よく泣く子でしたが
6ヶ月以上も泣き続けて寝ないって、相当大変ですよね・・・。

 

沖田×華さんのコミカルな絵で、
すごく読みやすいけど
かなり辛かっただろうなぁと思います。

 

外から見ると、普通の子供なだけに
なかなか周りも理解してくれないんですね・・・。

わたしのママ友も、同じようなことを言っていました(;_;)
この漫画で、知的ボーダーの認識がもっと広まればいいなぁ。

 

もっとネタバレが気になる方は、続きはこちら♪
はざまのコドモ-ネタバレ中盤

はざまのコドモネタバレ一覧

はざまのコドモネタバレ一覧